専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)をご紹介!問題解決の近道です!

闇金に踏み倒しは通用する?

法的に見ても闇金の借金を踏み倒しすることは問題ありませんが、借り手自身が交渉して円満解決できる可能性は0に等しいです。

必ず借金の専門家である弁護士や司法書士に相談し交渉を代行してもらいましょう。

悪徳業者からの借金踏み倒しは意外にもリスクがほとんどありません。

 

闇金の借金踏み倒しにおける注意点とは?

消費者金融や銀行など健全な金融機関から借入した借金は簡単には踏み倒すことができません。

一般的に返済期日を過ぎると、翌日~数日以内に自宅に連絡がくると考えてよいでしょう。

延滞が続くほど催促は厳しいものとなり、給料差し押えや一括請求などをされます。

給料差し押えは勤務先に対して行われるので勤務先に対して借金がバレてしまいます。

闇金からの借入に対しては正式契約には該当しないため、踏み倒しすることは法的に何の問題もありません。

20.0%を超える金利での取引は無効なので1円も返済しなくても業者は文句を言えないわけです。

しかし悪徳業者がそう簡単に引き下がるはずはなく10分置きといった頻度で取立ての電話連絡を入れてくるケースが多々あります。

法的には踏み倒しできますが現実的に実行するのは極めて難しいと考えてよいでしょう。

最悪のケースでは自宅訪問されたり、ご近所さんに借金のことをバラされてしまう可能性もあります。

 

実は金融機関からの借入より解決は簡単です

昔は借金から逃げるために夜逃げする話がよく聞かれましたが、現在は債務整理を実行する方が増えてきました。

債務整理が一般的に浸透し、家を守りながら借金を整理できる任意整理や個人再生などが認知されたためです。

これらは貸金業者からの借金返済ができないときに効果的であり、闇金に対しては必要ありません

弁護士・司法書士を通すことで債務整理をすることなく闇金問題を解決できるわけです。

そもそも法律を無視した融資に対して返済義務はなく弁護士や司法書士が業者側に対して返済しないと言えば済むことです。

ほとんどの業者は専門家が介入してくると身を引くため、依頼者にとっては合法的な踏み倒しが可能になります。

さらにこの場合は健全な貸金業者からの借金ではないため、踏み倒しても個人信用情報機関に登録されることはありません。

そのためすぐにローンやクレジットカードの審査を受けることが可能です。

 

悪徳業者だと見抜くことも大切です

闇金からの借金を踏み倒すためには面倒な相手だと思わせることが効果的です。

弁護士・司法書士に依頼をすると必要に応じて警察と連携をして解決できるため、悪徳業者側は非常に警戒します。

最近の闇金は高額融資をするケースは少なくなっており数万円などの少額融資に特化したところが増えました。

これは悪徳業者側のリスク管理であり、少人数に高額融資をするよりも、大人数に少額融資をしたほうが効率的に利益を得られると考えているわけです。

専門家に依頼すると業者との交渉を代行し、早ければ即日中に解決してくれます。

依頼するタイミングは闇金への支払いができなくなったとき、または悪徳業者だと判明したときです。

中には相手が悪徳業者だとわからずに借り続けている方がおり、借金地獄にハマってしまうケースがあります。

契約書類に実質年率の記載がない場合は、ほぼ間違いなく悪徳業者だと考えてよいでしょう。

健全な貸金業者から借入している場合、5万円を1ヶ月間借りても利息は1000円未満となります。

数万円を借りて1週間後に1万円などの利息を請求される場合は確実に悪徳業者です。

 

法外な金利を設定してくる違法業者に対して借金の返済をする必要はありません。

借金解決の専門家である弁護士・司法書士に依頼し、合法的に借金を踏み倒していきましょう。

通常の借金と違って個人信用情報機関に載る心配はないため、今後のローン契約には影響しないです。

闇金からの借金を早期解決するには、借り手自身が悪徳業者から借入している事実を認識することがポイントになります。

サイト内検索