専門家に相談してください!闇金(ヤミ金)対策が得意な司法書士事務所や弁護士(法律事務所)をご紹介!問題解決の近道です!

闇金からの営業電話の対策を知ろう

知らない闇金から営業電話がかかってくるケースは実際にあり、電話に出てしまうとしつこく勧誘されます。

相手は高圧的な態度で接してきますので自分で対応するのは大変です。

断っても何度も連絡を入れてくる場合はプロに解決の依頼をするのが得策です。

 

個人情報の漏洩が悪徳業者から勧誘される原因です

闇金からの電話と言えば取立てを思い浮かべるはずですが、取立て以外にも電話連絡をしてくることがあります。

それは勧誘のための営業電話であり、時間・場所を問わずにかけてくるので非常に迷惑します。

知らない番号からの電話には出ないことが基本ですが、そもそも闇金に電話番号を知られてしまう理由として個人情報の漏洩があり、例えば懸賞サイトに片っ端から応募している方は注意が必要です。

一部には悪質サイトが存在しており、住所や電話番号などの個人情報入手を目的としています。

また自分から怪しい金融機関に連絡をしてしまい、そこで個人情報を伝えてしまっているケースも少なくありません。

消費者金融から借入ができない人は、藁にもすがる気持ちで悪徳業者に連絡してしまうことがあります。

絶対に審査に通過できる1%の低金利から対応といったありえない好条件を提示しているローンは冷静に考えれば怪しいとわかるはずです。

しかしお金に追い詰められている状況だと冷静な判断力が失われるため、悪徳業者だと疑うことをせずに連絡してしまう人がいます。

 

警察や弁護士・司法書士に相談をしましょう

お金を借りるかどうか決めるのは自分であり、他人から急かされる筋合いはありません。

闇金からの営業電話がしつこい場合は警察に通報してみるのも手でしょう。

ただし警察が重大案件を抱えている場合は、闇金問題は後回しにされる可能性があります。

警察に相談したから100%解決するという保証はありませんので、相談して解決しない場合は弁護士・司法書士に相談するのがおすすめです。

専門家を介することにより悪徳業者を威嚇することができ、カモリストから外してもらえる可能性があります。

悪徳業者の世界ではカモリストが流通しており、業者間でリストの売買・交換をしていることがあります。

それゆえ見たことも聞いたこともない業者から、あるとき急に連絡がくるわけです。

悪徳業者は専門家に介入されることを極度に嫌い速やかに、身を引くことが多いです。

悪徳業者は合理的思考をする傾向があり面倒を極度に嫌がります。

弁護士・司法書士に相談するタイミングは、自身がしつこい営業だと感じたときです。

 

闇金問題の実績ある専門家に依頼して解決を目指しましょう

弁護士・司法書士なら誰に依頼してもよいわけではなく、闇金対策に強い専門家に相談する必要があります。

すでに業者から借金をしている状況にあっても専門家に相談すれば速やかに解消できますので融資をしていない営業段階ではさらに簡単に引き下がるはずです。

ただし闇金対策をしたことのない専門家だと対応が消極的になり、業者から足元を見られてしまう可能性があります。

相手は法律を無視した違法業者ではありますが、法律のことは素人よりずっとよく知っています。

発信者不明の営業電話がきたときは、とりあえず出ないという選択肢が得策です。

それでも何度も電話がくれば出てしまう人は多いでしょうが、怪しい業者だと感じたらハッキリとかけてこないように言ってください。

それでも続けてかけてくるようならば警察に通報する旨を話すことで営業電話をやめることが多いですが、まだ続くようなら弁護士や司法書士に相談しましょう。

多くのケースにおいて即日で電話連絡をやめさせることができます。

 

知らない人からの電話に出たときに、闇金からの勧誘だったというケースは実際にあります。

しつこい勧誘にはハッキリとした口調で断るのが得策ですが、それでも何度もかけてくる場合は弁護士・司法書士に相談しましょう。

早急に営業電話をやめさせて、平穏な生活を取り戻してくれます。

サイト内検索